スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲いたよ

図書館の前でいっくんとすれ違った。
むこうは家へ帰るところだ。
そしてすぐ後に携帯にメールが着た。(書いたのは勿論ママ)
(図書館の前の)三椏の花が一つ咲いたから、帰りに見て来てね。

一緒に図書館に行くときには、必ず二人でチェックしているのだ。
あれれ、さっき通りがかりに見たんだけどな、と思いつつ子どもの目の高さを探すと。
あった、あった!
本当にひと房。

数が数えられるようになった頃から
「どの枝も、みんな三つに分かれているでしょう。ほら、ひとつ、ふたつ、みっつ。」
と、やや無理やり見せていた甲斐があったなぁ。

続きを読む

スポンサーサイト

年中さんになる頃にようやくウルトラマンが見られるようになったいっくん、まず最初のお気に入りは「ウルトラマンメビウス」に登場するウルトラマンヒカリだった。
(ウルトラへの道のりはまた後日)

一緒にDVDを見ていると、傷ついたヒカリを助ける為にウルトラの母が登場した。
どうしてウルトラの母が助けに来るの?
「そりゃあ、母だもの。」
どうして母だと来るの?
「怪我をしたら母が助けに来てくれるでしょう。」
どうして?
ここで、ふと気づいた。
彼は、「母」という言葉を知らないのだ。
そこで、
「母って、ママのことよ。いっくんが怪我をしたらママが絆創膏を張ってくれるでしょう。」
と説明すると、ようやくわかった様子。

その後、「父は、パパで、母は、ママ」と覚えたいっくんに、ママはある言葉を特訓した。
そして、予行演習。
「明日幼稚園に行ったら先生になんて言うの。」
あしたは、ウルトラの?ちち?…

残念!!
正しくは、「明日は、父の誕生日です。」だった。
「ウルトラの」が入るだけで、台無しだ

ママのママ

いっくんのおばあちゃまは、二人とももう天国にいる。
I町のばぁば(パパのママ)には、いっぱい可愛がっていただいて、一緒にとった写真もあるが、M町のばぁばはママが若いころに亡くなったので、いっくんは会ったことがないのだ。

ママのパパはだれ?
「M町のじぃじよ。」
ママのママは?
「ずっと前になくなったから、もういないのよ。」
おそらにいるの?
「そうよ。」
いっくん、あいたかったなぁ
いっくんの目がうるうるっとしたのを見て、ママもほろっとなった。
そして二人でちょっと泣いたそうだ。

そういうことも、わかるようになったのね。

いっつ おーとまちっく?

ちょっとした傷にもよわっちーになってしまういっくん
先日も、親指の下の丘の辺りにミミズ腫れを作っていたので、絆創膏を貼ってあげた。
しばらくして見ると、手のひらの脂で取れかかっていたので注意すると、
じどーで とれたの」。

さりげなく、
「自然に取れたって言うのよ。」
と教えておいたが、どう違うのと突っ込まれたら一言では上手に説明できないような気がするダメなおばちゃまだ。

お絵かき

お絵かきを楽しんでいたいっくん
地震をかこう
と言って、地震計のギザギザの波形を描いたそうだ。

一体全体、どこで見たんだろう。

プロフィール

Author:daifuku
新米「ばぁや」、大奮闘の巻…
そんな感じの毎日です

最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。